インプラントでピカっとsmile~歯の悩みを解決しマウス~

治療

自宅でのケアに最適

フロス

歯科医院やドラッグストアなどで見かけるデンタルフロスには、4つの素材によって作られています。絹・ナイロン・ポリエステル・テフロン系フロスの4つで、それぞれ特徴が異なります。1番最初に使われた素材が絹で、歯に優しい素材なので傷をつけることなく優しい素材になっています。また環境に優しい素材なので、人にも環境にもう良い素材になっています。しかし近年デンタルフロスは進化してきているので、さらに優れた素材が登場しているのです。それがテフロン系フロスと呼ばれる、ナイロンやオリエンタル繊維が集まって出来た素材です。2種類の繊維が合体しているので、歯と歯の間にスッと入り込む素材になっています。人によって歯と歯の間にある隙間の広さは違いますが、テフロン系フロスであればどの幅でも入り込み汚れをキレイに取り出すのです。デンタルフロスによって素材は異なりますが、どの素材が使われているか気になる人は調べてみると良いでしょう。

外国人が歯のケアとして取り入れているデンタルフロスには、虫歯や歯周病などを予防する効果を持っています。虫歯や歯周病を予防するに予防歯科に通っている人も多いでしょうが、自宅でのケアも予防するためには大切なことなのです。しかし歯ブラシでは歯と歯の間にある歯垢や汚れを全て取り除くことが難しいので、そこで役立つのがデンタルフロスなのです。デンタルフロスでは予防歯科でも使われている程、予防に効果的なので自宅でのケアに最適です。Y字型になっているタイプのデンタルフロスであれば奥歯にも使えるので、全ての歯の虫歯や歯周病を予防することが出来ます。