インプラントでピカっとsmile~歯の悩みを解決しマウス~

治療

治療の際に必要な部分

インプラント

インプラント治療を行なう際には、顎にある骨が必要となります。そのため治療では、顎の骨移植も行なっているのです。顎の骨には、インプラントの土台となるボルトを埋め込みます。人工の歯を埋め込むインプラント治療ですが、土台は非常に重要な役目を持っているのです。ですが顎にある骨の薄さは人によってそれぞれ異なり、薄すぎてしまうとボルトを埋め込むことが難しくなります。そこで行なわれているのが顎の骨移植です。治療を受ける際には顎の骨が薄いと諦めてしまう人もいますが、骨移植すれば誰でも治療を受けることが出来るのです。また骨が薄いだけでなく面積が小さく少ない人でも骨移植が可能なので、治療の成功率も高くなり誰でも安心して治療を受けられるのです。

インプラント治療をする際には必要な顎の骨は、少なかったり薄かったりした場合は骨移植が必要になります。しかし最近では医療技術が進化しているので、骨移植をしなくても治療を受けることが出来るのです。それは「All-on-4」と呼ばれる新技術です。このAll-on-4の治療であれば骨移植の必要がないので、顎の骨が薄い人でも治療を受けることが出来るのです。骨移植をすると通常の費用よりもさらに金額が高くなってしまいますが、骨移植の手術の必要がなくなるので費用も安くなるのです。さらに治療の期間も短くなっているので、その日の内に自宅に帰宅することも出来るのです。このAll-on-4治療はまだ新しい技術で医師の高いスキルが必要となるので、治療を受ける際は経験や実績のある医師がいるクリニックを利用しましょう。